Software Archive
Read-only legacy content
17060 Discussions

Unity Toolkit Facetracking

康夫_上_
Beginner
357 Views

Good evening.

An application development is being done in Unity.
" Using RS Unity Toolkit".
The face is reflected in a camera, and, a texture, in a nose and an eye.
Are they able to cover?
An image picture check the "Face Augmentation" of following Uniform Resource Locator, please.

https://software.intel.com/en-us/blogs/2015/01/19/face-tracking-using-the-intel-realsense-sdk-bkms
.
I'm in trouble because I don't understand.
Please tell me.

0 Kudos
1 Reply
MartyG
Honored Contributor III
357 Views

I am guessing that you want to use Unity to display video of the user's face in your application?

You can display a live video on the surface of an object (such as a flat board) by using a Unity function called WebcamTexture.

http://docs.unity3d.com/ScriptReference/WebCamTexture.html

When your application runs, it replaces the texture that is on the object with the live video.  When the video stops running, the texture on the object changes back to to its original one.  For example, if you have a plain black color as your display board's original texture, when the video starts the black texture will be replaced with the video.  When the video stops, it will disappear and the black texture will return.

You can overlay RealSense powered objects on top of the board that is displaying the video so that it looks like the information produced by those objects is part of the visual image.

There is a sample Unity application called AR-Mirror that comes packaged with the RealSense SDK.  This will show you something similar to what I think you may be trying to achieve.  You can find this sample in the Sample Browser application that comes with the SDK.

If you need further assistance, please do ask here in the comments.  Good luck!

*****************

Japanese

私はあなたのアプリケーションでユーザの顔の映像を表示するためにUnityを使用することを推測していますか?

あなたはWebcamTextureと呼ばれるユニティ機能を使用することによって(例えば平板など)物体の表面上のライブ映像を表示することができます。

http://docs.unity3d.com/ScriptReference/WebCamTexture.html

アプリケーションが実行されると、ライブビデオを持つオブジェクト上にあるテクスチャを置き換えます。ビデオの実行が停止すると、オブジェクトのテクスチャは、元の1にまで戻って変更します。ビデオの開始時に、あなたのディスプレイボードの元のテクスチャとしてプレーンな黒の色を持っている場合たとえば、黒のテクスチャはビデオに置き換えられます。ビデオが停止すると、それが消え、黒いテクスチャが返されます。

これらのオブジェクトによって生成された情報は、可視画像の一部であるように見えるようにするには、ビデオを表示しているボードの上にRealSenseパワードオブジェクトをオーバーレイすることができます。

RealSense SDKが付属しているAR-ミラーというサンプルユニティアプリケーションがあります。これはあなたに私はあなたが達成しようとしていると思われるものに似たものが表示されます。あなたは、SDKに付属の​​サンプル・ブラウザ・アプリケーションでは、このサンプルを見つけることができます。

さらにサポートが必要な場合は、コメントにここにお尋ねください。がんばろう!

0 Kudos
Reply